エレ片 コントの人・傑作選に行ってきました!

エレ片とは…
エレキコミックとラーメンズ片桐仁による日本のお笑いユニット(by Wikipedia)

だそうな。

『コントの人』は、エレ片のコントライブの名称。
そもそも3人で何をやっているかといえば、ラジオ番組をやってます。

TBSラジオ『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』という番組を土曜深夜1時~3時に放送中!(2017年10月現在)
東京ローカル。かつてはポッドキャスト、今はラジオクラウドで聞くことが可能です。

で、そのラジオ番組からの派生的にコントライブをやっており、このコントライブでしかエレ片のコントは見れません(でした)。
※ENGEIグランドスラム(フジテレビ)でまさかのユニットコントで出場。しかも2回も!こんな日がくるなんて

そんなコントライブも、「コントの人10」で一区切り…。
2016年末の両国国技館でのイベントはあったものの、2017年は開催がありませんでした。

…と思いきや、まさかの一夜限りの特別ライブ!「エレ片 コントの人・傑作選」が開催されることに。

このチケットが激選や激戦。
それはまぁ、そうですよ。だっていつもなら5日間くらいやるし、昼公演夜公演ある日もあるし、
そのチケットをなんとかかんとか売り切っているんですから。
しかも東京以外に大阪や名古屋でもやっていたんですから。

東京、土曜日、1回限り。

告知のときにやついさんは言いました。
「絶対に先行に応募してください。先行で当てないと、多分取れないよ」

そしてこの言葉は現実になったのです。。。
非常にありがたいことに、まさかの当選をしましたので、喜ばしいことに参加させていただきました。

ありがとうございます、ありがとうございます。

前置きが長くなりましたが、ネタバレを極小に抑えた感想です。
上映会があるので極力語りませんが、一つだけどうしても言わせてほしくって。そこだけ言わせてください。

開催会場は日経ホール。最寄りは大手町。
日経ビルの3階が入り口。

会場はステージがすごく広い。
客席もゆったり。
各座席、たたんでしまえるテーブル付き。
きっと、企業の発表会とか株主総会とかする場所なんでしょう?(完全なイメージ。確認する気はゼロ)

ステージ向かって右側の前方ブロック。
非常に良席だったので、めっちゃよく見えました。

裏ナレは、「片桐仁ちゃん(自称)」。
カンペがなぜか全部ひらがなで書かれている?らしく、ところどころ読み間違える。うん、毎度おなじみ。
拍手の練習なんぞしながら、ほどほどに会場内が温まりました。

コントの前に、スクリーンに「コントの人●」「ポスター画像」「タイトル」が映し出されました。
親切ー。

1本目のネタから、唾を飛ばして全力のダチさん。
1本目のネタから、しゃべり方だけで笑える仁さん。
1本目のネタから、見ただけで笑えるやっつん。

いやはや、ずっと笑っていました。

で、これだけどうしても言いたいのでネタバレです。

まさかこの短期間に【論破】を通算4回見ることになるなんて思いませんでしたよ。
僕らの飲み会で2回。ENGEIで1回。
でもそれらを見たからこそ気が付く
「あ、ENGEIのとき、あそこ削ってた!…時間調整!!」
「おぉ、ここはそういうふうにしたのかー」
みたいな、あれやこれや。
最後のやっつんのジャンプが素晴らしかった。いいエビ反り具合でした。

全部で10本?かな??
楽しかったー。
個人的に歌ネタは別の奴が見たかったので、ちょっと残念。
とはいえ、私が見たかったネタは、たぶん大きなセットが必要なので、仕方ない仕方ない。

本編で話せるのはこれくらい、かな。

グッズのこと。
今回は傑作選ということもあり、新作グッズはなし。
その代わり過去のグッズを値引き販売していました。
持っている品が値引き販売されていると、少しだけ複雑な気持ち。少しでも売れているといいな…。
せめてグッズはチケット持っていない人でも買える位置でやってくれたらよかったのに。

本編終了後、スタッフロール、カーテンコールも終わった後に、ドドンと発表!

コントの人が帰ってくるぞーーーーーーーー!!!!!
その名も、「新コントの人」 うん、いいと思う!!!

終演後はロビーでやついいちろう生誕祭のチケット販売を、やっつん本人が行っていたのでちゃっかり購入してきました。
写真も撮らせていただいた。

生誕祭に関しても、「ゲストを発表したら即完しちゃうから、早めに買ってね!(僕らの飲み会にて)」というやっつんの言葉が本当だといいな

期待してます!