6/15(金)~17(日)まで3連休が取れるので、どこかに旅行に行くことになり、大阪に行ってきました。
初日が平日ということもあり、USJリベンジ+大阪観光というプランに。
今回のお目当ては、コナン・ハリポタを主軸にFFとミニオンが楽しみーという感じでした。
今回もなんだかんだ弾丸旅行だったので、その記録となります。
※基本的にコナン・ハリポタを全力でキャッキャした、という内容です

まずはUSJについて少しだけ補足。
今年のクールジャパン、現在のラインナップはセーラームーン、FF、モンハン、コナンの4作品。
そう、私が現在、絶賛投資中のコナンがあるのです!しかも今年の映画に連動の企画。
まさか会期中に行くことができるなんて思っていなかったので、このラインナップも間もなく終了というタイミングで行くことができて最高でした。

ちなみに大阪に行くことが決まったのは、行く前週の週末。(それまではずっと北海道に行くつもりで調べていた)
行きは夜行バスを使うことだけ決めて、旅行プランを確定。この時点でまずはUSJの『コナン・ザ・エスケープ』のチケットを確保(最重要)。一緒にUSJのほかチケットも確保。
その後、最近、飛行機に乗っていないという理由から帰りは飛行機に決め、そこからやっとバスとホテルがセットのプランを予約したり、帰りの飛行機のチケット取ったりしました。
このモロモロがすべて6/13(水)に行っています。
チケットや宿を確保したのちは、ひたすらUSJと大阪観光を調べて調べて、最近めっきりお世話になっており『行程ペンギン』を使ってWEBしおりを作成しました。

出発は6/14(土)の22:40、新宿バスタ。
私はさておき、同行人は仕事終わりからの出発。よくやるよねー。

今回の夜行バスは、まぁ正直とっても良いバスでした。
3列。もちろんトイレ付き。新宿バスタから終点がUSJ。開演前の時間に到着することができるという、全力で楽しむスタイルにピッタリですね!
新東名高速を通過して、大阪に向かうスタイルでした。23時台は車内消灯をしてくれないのがつらかった…。
車内では、現在は待っている動画(バチェラージャパン2)の最新話配信が金曜0時ということもあり、それを見てから1時くらいにしっかり就寝。
体力的に不安を覚える程度にしか寝れませんでしたけど、それでも態勢を変えて変えて何とか眠れたかな。大阪までならなんとか耐えられるもんですね。
終点まで乗っていたのは私たちだけでした。

そんなわけで7時45分くらいにUSJ到着。雨が降ってました。天気予報よりもちょっと早めの雨。
外ロッカーに大きな荷物を預けて入場列に待機。予報の時点で雨がわかっていたので、しっかり用意していたカッパを着込みました。
折りたたみ傘も持っていたけど、やっぱりカッパの方が抜群に動きやすいです。アトラクションによっては脱がないとダメですけどね。

並びながらコナンのパズルゲームで時間潰し。(バスの中でもずっとやっていた)
おかげさまであっという間に入場時間になりました。

真っ先に向かったのは、『ファイナルファンタジー XRライド』。ライド系のアトラクションで、どういう感じなのかは事前に調べても、イマイチわからなかったのですが、とりあえず「途中でセフィロスがどや顔をする」という情報を得ていたので、そりゃーみたいな!と思い、真っ先に向かいました。
(この判断は正しく、その後一日中、一番待機時間の長いアトラクションでした)

おかげさまでほぼ待機なしで入れました。やたー!
設定はUSJ向けのオリジナルのようで、わかったことと言えば、「魔道研究船」に乗って公開テストに参加することになったということ。その実験中にトラブルが発生して、今いる場所だけ別の次元に飛ばされてしまったこと。モグライドに乗り込んで、クリスタルを探しながらモグシップがいる次元へ戻る体験へ向かうということでした。

なるほど!だから、FF7の世界を通過するんだね!!
説明を聞いた後は、研究船内の長い通路を進みます。本来はココに建物内の待機列を作っているのでしょう。USJは建物内の作りこみも楽しめるので、ある程度の待機列ならきっと楽しいでしょうね。
しかし、おかげさまで待機列はないので、するすると進んでモグライドに到着。
乗車前にVRゴーグルを受け取りました。メガネをしている人はメガネケースを渡されるので、そこにメガネをしまって肩から掛けることになります。
VRゴーグルがピント調節可能なので、メガネなしで乗れます。個人的にはコンタクトなので、とくに調節しませんでした。どちらかというと、もっときつくすればよかったです。。。
モグライドに乗り込んで、VRゴーグルを装着。キャストの人たちに大丈夫?と心配してもらえますが、目の前に広がる世界に感動しているとあっという間に時がたつので、微調整とかしている暇はありませんでした。

そんなわけでスタート。
いや、ちょっとね、ドキドキしたんですよ。どれくらい落差のあるアトラクションなんだろう?って。覚悟はしていましたが。
結論から言うと、ほとんど落ちない。スピードはそこそこ出ているのですが、VRによる視覚的に高さを出すタイプ。というわけで、めちゃくちゃ楽しかったです!
まずゴーグル越しとはいえ、VR空間、超綺麗。FFの世界感をしっかり楽しむことができます。次元を移動していきますので、いくつかの世界を移動していきます。
多分、FF7以外のシリーズの世界も行っていると思うんだ。残念ながら私には判断できませんでしたけど。
そして楽しみにしていたFF7。ミッドガルだわー!うぉー…あ、出てきた!!セフィー!!クラさまー!!!あ……ドヤ顔これや!!!(爆笑)
結構、声を出して普通に楽しませていただきました。
VRすごいねー。あっという間でしたわー。

外に出てくると雨はパラパラ程度。かっぱを改めて着こんで一路ミニオンへ!
と、向かっている途中で『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D』に寄り道。
まだ混みあっていなかったのでサクッと乗ってきました。
去年も乗ったけれど、落ちたりするタイプのアトラクションではなかったので安心しながら楽しめました。

今度こそ『ミニオン・ハチャメチャ・ライド』へ。
ミニオン・パーク自体が可愛くて好き。あと、ミニオンのコラボフードがどれもクオリティ高くてかなり惹かれました。

多少の待機列はあるものの、20分待ち。待機しながら流れている映像が、ミニオン初見。そして無事内部へ。アトラクション前の映像を見て、初めて鶴瓶さんがグルーの声をやっていると知りました。声優として作品に参加しているのは知っていたけれど、何役なのかは知らなかったのです。(ミニオンの声をやっていると思っていたよ!)
…まぁ、割と驚いたよね。
で、アトラクション。大きいライドに12人くらいで乗って、これも視覚的アプローチによるアトラクション。なるほど、こんな感じなのね!
待機列が途中で3つの別々の列に分けられていくので、それによって乗る機体が変わるのは面白いなーと思いました。(個体差は基本的にない)

外に出てきてから、『名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ』に参加すべく、「探偵手帳」を受け取りに行きました。

このアトラクションは、「探偵手帳」を見ながら、パーク内にちりばめられた謎を解いていき、謎が解き終わると指定されたところで答え合わせをする、というもの。答えが合っていれば平次から何時にここに来て!という案内状がもらえます。

今回はエクスプレスパスを購入しているので、ハリポタエリアに入れるのが11:20から。
アトラクションもそのすぐ後の時間なので、程よい時間まで『名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ』を進めました。
結局、7割くらい解いてハリポタエリアへ。

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』にイン。行ってみたら、結局制限がかかっていませんでしたよっと。
平日でなおかつ雨もパラついていたこともあって、全く混雑していないからでしょうね。
ホグワーツ城は今日も美しい。

前回は長蛇の列&エクスプレスパス未購入だったことや、コースターっぽいなーという警戒心から乗らなかった『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーTM』ですが、今回は「完全版になった」というリニューアル情報を聞いていたので、チケット取った時点で行く気満々でした。

というわけで、入城。
案内に従ってロッカーに荷物をしまい、待機列へ。
さすがエクスプレスパス。ガンガン進む。
城内をゆっくり見るような時間は一切ございません。昨年は城内見学ツアーだけ回っていたので、よかったなーって思いました。
城内をゆっくり見て回るのも絶対に楽しいからね!
そしてあっという間にアトラクションに。ロッカーに荷物をしまうからには、結構怖いな…と思っていましたが、背中から頭までしっかりと安定しているライドだったので、ものすごく楽しめました!
そこそこスピードも出ていたし、激しい動きも結構あったんだけれど、それも楽しめるくらい良かった。まずもって、ハリポタが好きなのでね。ハリーが好きなんでね。乗れてよかったー!

大満足でグッズ売り場に。本当に、時代が時代なら絶対にマフラーやローブも買っていたんだろうな…と思ったり思わなかったり。(思いました)

外に出て、ホグワーツ城を眺めつつ、これは欠かせないバタービールを飲みました。
美味しいー。好きー。バタービールを売っているキャストさんとおしゃべりしつつまったり。
ハリポタの世界観を存分に楽しんで、エリアを後にしました。

このタイミングでお昼!と思ったのですが、行こうと思ったお店がまだ開店前だったので、『名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ』の続きをやることにしました。
最後まで謎解きをして、平次の招待状を無事にGET! わーい!
一つ一つの謎を解いていって、最終的に出てきた文章があって、でも答えは4桁の数字…どうゆうことや?からの、ひらめきと答えがわかったときのスッキリ感は結構気持ちよかったです。アハ体験。

招待状を受け取って、そのまま再びレストランへー。
同じレストランにワンピースのコスプレ集団がいて、不思議な空間になっていました。
『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』の中でもすれ違っていたので、面白い人たち居るなーと思っていましたが、まさかレストランでも遭遇するとは。
クオリティが高く、しかもキャラ被りなしの団体様だったので、とても目立っていました。(悪い意味ではなく)

お腹いっぱいになって、移動。今回のメインイベント『名探偵コナン・ザ・エスケープ』です!
受付時間は13:55~14:25。その後体験時間が14:10~15:50。約二時間。その間トイレに出ることもできません。そのあたりの案内を聞いて待機列へ移動。

こちらはいわゆるリアル脱出ゲームでした。初体験!!
ネタバレ厳禁、一回しか体験できない、という脱出ゲームの醍醐味。とはいえ、初めてのリアル脱出ゲームが不安だったので、事前に調査はしました。ネタバレなしをしっかり守った記事ばかりで一安心。その中でも、「筆記用具を持って行った方がいい」「リーダーは早い段階で決めてしまった方が良い」というアドバイスを参考に、ペンとメモ帳は持参していきました。
1グループ4名ということもあり、待機列の段階でマッチングをしてくれました。一緒になったのは、大学生?社会人?くらいの女子2名。リアル脱出ゲーム経験者。前回参加した別のゲームで、あとちょっとだったのに!!という悔しかった話を教えてくれたお姉さんたちでした。
よし!これは謎を解く気満々だね!

ペアチケットを買って参加していれば2人だけでも参加できたのでしょうが、一緒に参加した方々がモチベーション的に近かったので良かったです。
そもそも、本当はショウを楽しみたい、参加できればそれで楽しい!という気持ちでチケットを取ったのに、「謎を解くには筆記係いたほうが良い」「説明が始まったら、さっそくメモをとった方が良い」というアドバイスに従う時点で、ショウを楽しんでる場合じゃないぜ!っとなりましたので、我ながらわけがわからないです。

結論から言うと、謎は解ききれず…。でも、めちゃくちゃ楽しかったです!
まず、冒頭のSHOW。小五郎のおっちゃんが、コミカルで面白かったし、安室さんかっこよかったし、蘭姉ちゃんもかっこよかった。ヨーコちゃんも素敵だったわ。
謎解きは、前半は順調だったのだけれど、中盤で少し行き詰ってしまって、それを越えた後もどうにも時間が足りなくてタイムアップとなってしまいました。残念。

最後の謎解きを聞きながら、リアルタイムの映像にモニター上ではコナンくんが隠れている姿が映されているシーンがあって、おぉ…と思いました。
コナンくんは基本的にモニター内の映像のみ出演なので、いつものコナンくんでした。

多分、謎解きにガチで取り組まずに、雰囲気や流れを楽しむのもすっごく楽しかっただろうなって感じました。全編通してとても良い内容でした。すごい考えられて作りこまれている良いアトラクション。いい仕事するなぁ。(謎目線)

最後はお礼をいって、笑顔でさよなら。
大満足でした。
そういえば、待機列から入り口に移動する際、資料を渡されたときに、キャストさんから「サカナクション、お好きなんですね」って話しかけられたのは笑いました。
サカナの防水ショルダーバックをカメラバック代わりに使っていたので、それを見たんでしょうね。そういうの、嬉しい。

終わった足で『名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ』の謎解きを聞きに行きました。タイミング的にもギリギリながらもよい時間に滑り込ませてもらいました!
こちらは招待状をくれた服部平次が謎解きを披露。もうね!平次がめちゃくちゃかっこよかったです!そして、和葉ちゃんも登場。か、かわいい!!!
エスケープの方の蘭ちゃんは、空手をやっている人の蹴りそのものでとてもかっこよかったですが、和葉ちゃんはシンプルに可愛い。合気道の手ほどきもありましたけれど、何はともあれ可愛かった。
全然内容を把握していなかったので、驚くやら面白いやらで楽しかったです!

もうこの時点で、USJ最高、マジ来てよかった、大満足!!!となりましたが、まだまだ時間があるので、パーク内を回ります。

2週目『ミニオン・ハチャメチャ・ライド』です。
これはエクスプレスパス分。待機列は伸びていましたが、関係ないのがエクスプレスパス。
1回目よりも怖かったw 身の安全を確認したことにより、視覚情報への感覚をよりシンプルに受け取ることができて、その結果、落ちたりぶつかったりの動きを視覚に連動した感覚で楽しんだ結果、落下間などを感じました。あと、隣に座った女性がすごい悲鳴を上げていたので、それも良い効果を呼んだ感じですね。

出てきたところで、コナンコラボフードのチョコレートドリンクを飲みましたー。
んまんま。
中のカップを外して外側は持ち帰れるも嬉しい。

そのあとは『バックドラフト』『ジュラシック・パーク・ザ・ライド』『スパイダーマン2週目』と周り、次はどうしようかしらーというところで、混雑状況を見るとすぐに入れそうなアトラクションを発見!
『セーラームーン・ザ・ミラクル4-D』です。

もともとは全然見る気はなかったんですが、スムーズに見に行けるならそれに越したことはない。そんなわけで入場。

セラムンはばっちり世代ですし、キャストも馴染みある方々ということもあって楽しかったです。ルナ可愛いなぁ。
見ながら、うさぎちゃん…去年はミサトさんとしてUSJにいたよね…とか思っていましたが、ふたたびミサトさんとしてUSJに帰ってくるんですね。(エヴァンゲリオン XRライドに出演していると完全に思っている)

外に出るとすっかり暗くなっていました。
最後は『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ ベスト・オブ・ハリウッド ~』のために程よい場所を探して移動。
かなりの良位置(ただし優先エリアではない)を確保できたので、そこで待機しました。

どんな感じかしらー?くらいに思っていましたが、すごい良かった。
ハリポタ、トランスフォーマー、ジュラシック・ワールド、ミニオンズがそれぞれパレードに参加しているんだけど、ホグワーツ特急のド迫力がインパクト大!!
ホグワーツ生たちも雰囲気あってテンション上がりました。。

トランスフォーマーはトランスフォームするし、ジュラシック・ワールドは恐竜たち自由だし、ミニオンズは可愛いし、プロジェクション・マッピングとのコラボ部分も見える位置にいたので、そのあたりの世界観の演出も楽しめました!

そんなこんなで、21:10ぐらいに退園しましたー。

2回目USJは、昨年来た時には気付かなかった点を存分に楽しめました。

まず、スパイダーマン、ミニオン、FF、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーといった、視覚効果によるライドもの。どれもこれも昨年は乗っていないアトラクションでした。(FFは昨年で言うとエヴァですね)
この辺りは個人的にすごく楽しめるアトラクションでした。
絶叫物は大嫌いな私ですが、重力やスピード感を体感しないのであれば、楽しむことができるということが少し前に判明しました。それを視覚演出で感じさせる、つまり錯覚させる類のアトラクションであれば、全く問題ありませんでした。
安全を安心した後は、意識を視覚重心にすることでハラハラ感も味合うことができました。(スパイダーマンとミニオン)

次に、バックドラフトやジュラシック・パーク・ザ・ライドといった、映画の演出やセットを楽しめるアトラクション。前回はウォーターワールドも体験しましたが、これもこの部類かな。
もともと、こういった要素が強いテーマパークだと思っていましたが、そうでもなんだと思い知りました。
正直、『ジュラシック・パーク・ザ・ライド』は最後に落ちますし、その手前で登っていくのが地獄の時間でした。
上がったら、落ちる。当たり前の話。
一瞬でしたが、息を止めてしまったのできつかったー。2回目を乗ろうとは言えませんでした。そんなチキンなんで、フライングダイナソー、ハリウッドドリームはごめんなさいしました。。。
あかんて…あんなん、絶対怖い…。

ちゃんと絶叫物というか、コースター系もあるのはやっぱり大事なんでしょうかね。

多くのアトラクションがSHOW(または映像ストーリー)+何か(ライド・映像・謎解き)という構成で出来ていて、作品感に入りこめば面白い・入り込まなくても(知らなくても)面白いもんだなーと感じました。

今回は平日だったことや雨予報だったことで、圧倒的に空いていたということもありますが、キャストの方と話す些細な事柄が、かなり楽しい気持ちにさせてくれました。感謝感謝。
去年は「USJは一回きたし、しばらくは来なくても大丈夫だな」なーんて、本気で思っていたのに。
やはりコナンは影響力絶大でした。
FFもセーラームーンも大好き。モンハンも好きですが、今回は良いかなって思ってしまったのは少しだけ残念でした。
ハリポタは何度でも来たいと思わせてくれるし、ミニオン・パークも2018年6月30日にリニューアルオープンしたばかり。

来年もクールジャパンをやって、そこにコナンがいたらうっかり参加してしまう気しか、していない私でした。
「いつ行くの?今でしょ?」というタイミングを捕まえながら、今後も楽しんでいきたいと思います!

USJ感想は以上です!
荷物を出して、電車でお宿に向かって、お好み焼きを食べて寝ました。
夜行バスで行ったけれど、体力的には全く問題なく1日目を過ごせて、本当に良かったです。